本当に使っても大丈夫?資生堂の美白化粧品HAKUを使っても副作用は出ない?

数年前にある大手化粧品会社が販売した美白化粧品を使ったことで、2万人以上の女性が白斑になり、大問題になりましたよね。

 

すぐに症状が出た人から、何年も使ってから症状が出た人など様々で、これだけ大きな肌トラブルを起こした原因が美白化粧品となると、美白ケアをしたいけれど、美白化粧品を使うのが怖い…という方も未だに多くいます。

 

資生堂のHAKUは10年以上も売れ続けているベストセラー化粧品ですが、同じ美白化粧品のHAKUを使っても本当に大丈夫なのでしょうか?

 

 

<化粧品によって引き起こされた化学白斑とは>

 

白斑とは厳密に言えば、生まれつきの原因で起こるものと後天的に起こるものがあります。

 

化粧品によって白斑になる現象を「化学白斑」と言い、配合された化粧品の成分効果により後天的に白斑になることです。

 

数年前に事件になった化粧品の使用者の約2%がこの化学白斑を引き起こしたのですが、数字だけ見るとさほど大した数字ではないように感じますが、この化粧品を使ったことで白斑になった人が2万人以上と聞くと、かなり恐ろしいことですよね…

 

使用を止めたからと言って、簡単に白斑を治すことはできませんし、そうすると資生堂のHAKUにも美白効果があるので、白斑になる可能性があるのでは?と心配になるのも当然です。

 

毎日使う化粧品だからこそ、安全性の高いものを使いたい…

 

資生堂のHAKUに配合されている美白有効成分は肌に塗っても大丈夫なのでしょうか?

 

 

<白斑になった原因の美白成分「ロドデノール」>

 

多くの女性が被害になった化粧品に配合されていた美白成分「ロドデノール」

 

シミやくすみの原因であるメラニンを抑制する働きを完全に休止させてしまうことで、白斑を引き起こしていました。

 

資生堂のHAKUにはロドデノールは入っていない?本当に大丈夫?と心配な方も多いと思いますが、ロドデノールは、その化粧品会社が開発した独自美白成分なので、資生堂ブランドには配合されていない成分です。

 

そのため、同じ美白有効成分配合の資生堂のHAKUを使っても、白斑になる可能性はないので、毎日使っても大丈夫です。

 

 

<資生堂のHAKUに配合されている美白成分は本当に大丈夫?>

 

ロドデノールが入っていないにしても、資生堂のHAKUに配合されている美白有効成分は本当に肌に悪影響を与えないのか、安心して毎日使っても大丈夫なのか気になりますよね。

 

公式サイトや口コミ、情報サイト、SNSなどをチェックしても、資生堂のHAKUを使って白斑が起こったケースはありません。

 

資生堂のHAKUに配合されている美白有効成分は資生堂が自社開発した4MSKやm-トラネキサム酸などが配合されており、厚生労働省も認可している美白有効成分なので、肌に安心なのは保証済みです。

 

長ければ13年以上開発に費やし、何度も効果を検証して開発した美白有効成分なので、肌に負担をかけることのない毎日使っても大丈夫な美白化粧品です。

 

 

<毎日使っても大丈夫な資生堂のHAKUを使ってみたいなら>

 

美白効果はもちろん、安心して肌に使っても大丈夫な資生堂の美白化粧品HAKU。

 

本当に使っても大丈夫なの?と疑っていた人も安心していただけましたでしょうか?

 

毎日使っても大丈夫な資生堂のHAKUで安全に美白ケアを始めたいのであれば、まずは現在数量限定で販売されているHAKUトライアルセットから美白ケアにチャレンジしていきましょう!

 

1週間分のHAKUアクティブメラノリリーサー、HAKUメラノフォーカス3D、HAKUインナーメラノディフェンサーがセットになっており、これさえあればフルラインでHAKUを試すことができます!

 

送料無料で1,080円(税込)でWEB限定発売しています。

 

美白化粧品を使っても大丈夫なのか心配だった方も、まずは自分に合う化粧品なのかどうか確かめるために、こちらから始めてみてはいかがでしょうか?

 

>>【期間限定】資生堂HAKUお試しセット特設ページはこちら